MENU

カテゴリー

肌の乾燥やにきびは肌断食の副作用?それとも好転反応?

肌断食をはじめたはいいけれど、肌は乾燥してガッサガサで粉ふいているし、ニキビもできてきた。

安心して下さい。今までよりも肌の状態が悪くなってきて、やり方が間違っているのか、自分に合わないのか?・・・と感じることは登竜門です。

断食中開始後に起きる肌荒れは好転反応?

今まで化粧品を使っていた方が、肌断食をはじめて最初に感じるのは洗顔後の肌のつっぱりでしょう。肌状態によっての個人差はありますが、数日後には、そのつっぱりも消えていきます。

今まで、化粧水や乳液を肌の上に塗られて肌の表面が機能していなかったのですから、いきなり正常に機能するわけがありません。肌自体の再生能力で次第に症状はおさまっていきます。

肌荒れなどの好転反応が起きると、「肌断食は私には合わないのかも」と思われる方がいますが、そんなことはありません。私も肌が荒れるたびに、不安になって、ネットで何度も何度も検索をしました。

すぐに効果が現れるものではありませので、せめて肌が生まれ変わるターンオーバー完了までは続けてみるのはいかがでしょうか。ターンオーバーがスムーズになるまでの辛抱です。

どうして肌荒れが起きるのか?

肌断食直後に起きる肌の状態は
・洗顔後のつっぱり感
・粉をふくくらい乾燥して皮がむける
・触ると紙やすりのようにザラザラする
・にきびができる

などなど。

美肌になるためにはじめたのに・・・と思いますよね。私も最初は思いました、そしてやめたほうがいいかなと心は揺れたこともあります。

ただ、そんなにひどい症状ではないので、もう少しだけ、せめてターンオーバーまでは続けてみようと思い、現在に至りました。

好転反応がおきてしまう原因は何?

肌断食をはじめると新しい肌細胞が活発につくられるようになります。

ターンオーバーが乱れていたため、本来はがれ落ちるべき古い角質が、皮脂と混ざり合って毛穴などに残り毛穴をつまらせて角栓をつくり、毛穴からトゲのような形で出てきます。

だから、さわるとザラザラと感じるのです。10倍鏡で見たときにザラザラの正体が角栓であることがわかりました。

肌断食2カ月半経過【画像有り】。10倍の拡大鏡の世界!ちょっとリアルでまた違う肌の世界が

時間はかかっても角栓はおさまってきますので、いじったりせず放置します。

にきびができるのは、肌断食によって皮脂腺が一時的に活発になり、皮脂の分泌量が増えます。

古くなった角質細胞がはがれづらいため、皮脂の出口の毛穴がふさがっているのでニキビが出やすくなりますが、ターンオーバーが正常に機能するようになれば皮脂が毛穴から出るようになり、にきびも治っていきます。

化粧品から肌が解放されて活発になって起きた現象ですので、角栓もにきびも何もいじらずに放置します。

肌が乾燥して、粉がふきすぎて耐えられない、チクチクとかゆみがあるという場合は、ワセリンを薄くぬるといいです。ワセリンは肌断食中に唯一塗っても良しとされているものです。

肌断食中に唯一肌に許されるワセリンとは?実は万能アイテムだった!

ほとんどの人が多かれ少なかれおきるもの

初めて肌断食をすれば、症状に違いはありますが、多かれ少なかれ何かしら起きます。肌があれだしたら、ホントビックリしますよね。化粧品に頼り切った肌が正常に働き出している証拠です。

肌断食を支援する美容ソルト

肌断食をはじめて肌に何も塗らないとしても、毛穴がつまったままでは、肌断食は失敗してしまいます。毛穴の汚れを取り除きながら、毛穴が通った状態にしてあげることが肌断食を成功させるコツです。

私は毛穴の汚れをとるために美容ソルトを使っています。美容ソルトの塩の持つ浸透力で毛穴をきれいにします。

通常は、肌断食はそのまま続けていれば肌本来の力で、辛い時期をのりきれますが、悪化する一方であったり、何ヶ月も辛い期間が続いてる、精神的にも不安で耐えられない場合は、皮膚の専門医に受診されることをおすすめします。脂漏性湿疹など皮膚の病気の可能性もあるからです。

SHARE